スクリュー・プレス液状化対策工法

地盤改良工法 HySPEED弊社は「株式会社グランテック」様より、スクリュー・プレス工法指定施工管理者の認定を受けた正規加盟店です。

動画で見るスクリュー・プレス液状化対策工法

液状化対策工法の紹介



液状化対策工法の比較

スクリュー先端のエアーバルブ実験。

液状地盤での掘削にエアーの吐出が発揮する効果をご覧ください。


スクリュー・プレス液状化対策工法の特長
  1. 無公害…セメントを使用しない、環境に配慮した工法です。
  2. 高品質…地盤改良(支持力向上)を兼ねています。
  3. 住宅地に適した、無振動、低騒音、短工期な工法です。
  4. 既存の工法と比較しても、超低コストです。
  5. 削孔残土の発生が、極めて少ない工法です。

スクリュー・プレス液状化対策工法の原理
スクリュー・プレス工法による液状化対策は、砂地盤の圧密と間隙水圧消散を同時に行う「ハイブリット工法」です。
原理1  締め固め 原理2  間隙水圧消散
・現状地盤のN値を1.7 ~ 2.2倍程度に上昇させます。 ・透水性が良く、しかも地下水が流動しても砂が砕石内に 入らないように7号砕石を使用します





砕石パイル築造手順
・杭芯にスクリュー芯を合わせる。 ・スクリューを回転しながら、地中に挿入する。

この時、スクリュー先端からエアーを噴き出しながら削孔すると、地下水はエアーに押されて周辺水位は低下する。

・スクリューは、計画掘削深度まで挿入する。

周辺地下水位は低下し、スクリュー周辺は圧密され密度が上がり、強度も上昇する。

計画深度まで達したら、エアーを噴き出しながらスクリューを引き抜く。

・スクリューを引き抜いたら旋回し、押圧ロッドを挿入する。
・押圧ロッドの最大押圧力で出来るだけ削孔深度付近まで押圧し、下部地盤を圧密すると共に、孔の再整形を行う。

この時、地下水位が上昇しないようにエアーを先端より噴き出しておく。また、押圧ロッド上部周囲に砕石を投入する。

・押圧ロッドを上昇させると上部周辺の砕石は、ロッド周囲より孔下部に落下する。

砕石が全部落下すれば、再び押圧ロッドを降下させる。
・押圧ロッドの最大押圧力で砕石を転圧する。ロッド上部周辺に、再び砕石を投入する。


・以後、これを繰り返し、GLまで砕石が充填されたら完成。

標準施工断面  
 
・現状地盤のN値を1.7 ~ 2.2倍程度に上昇させます。


 






Copyright© 2010 埼玉県を中心に!新地盤改良 スクリュー・プレス工法・外壁塗装・ジェットスプレー工法・リフォーム・雨漏り診断の富士貴建装株式会社 All Rights Reserved.